保科 有里

ほしな・ゆり

 

本名 嶋 一美(しま・かずみ)
生年月日 1961年(昭和36年)11月24日
血液型 B型
出身地 石川県金沢市
持ち歌 神無月に抱かれて さすらい譜
NE-KO 愁止符
バス・ストップ2 グッバイ・ソウル
想い出ワルツ ラブ・バラード
素直になれなくて さくらの花よ 泣きなさい
赤い爪 元気と勇気と微笑みと
5グラムの指輪 永遠に・・・
輝く時は・・・・一瞬

 

保科有里さんは、石川県出身の歌手です。学校卒業後はOLをしていましたが、作曲家・三木たかし氏に師事し、1993年に歌手デビューしました。
ぼくは、初めは彼女のことを全く知りませんでしたが、2015年頃、夢グループの「カラオケ一番」のCMを見て、彼女を知りました。その後は、「カラオケ一番」のCMを見るたびに、ルックスの美しさと歌唱力に惹かれていき、ファンになりました。
昨年の3月、夢グループ主催の「夢のスター歌謡祭」に初めて足を運び、彼女の歌をナマで聴き、ショーの合間にグッズ売り場に行き、声をかけました。彼女は、ぼくの問いかけに快く応じてくれて、すっかり意気投合しました。その日は、CDを購入し、サインをもらい、2ショット写真を撮らせてもらい、握手もしました。そして、「また来る」と約束し、半年後、倉敷市内で開催された「夢のスター歌謡祭」に足を運び、彼女と再会しました。彼女は、ぼくのことを覚えていてくれて、またまた会話が弾みました。「夢のスター歌謡祭」も、追っかけしたいコンサートとなりました。
彼女は、「カラオケ一番」のCMに出演しているため、演歌歌手という印象を持っている人も多いようですが、日本の歌謡曲に限らず、外国のポップスやジャズなど、幅広いジャンルの歌を歌いこなせる人です。昨年の12月5日には、テレサ・テンさんのヒット曲を歌ったCD(14曲入り)も発売しています。「夢のスター歌謡祭」の他に、「夢 スター歌謡祭 春組対秋組」にも出演していますし、個人のライブ等も開催しています。みなさんも、コンサート等に足を運び、別嬪で歌唱力抜群の保科有里さんをナマでご覧になってください。

「好きな歌手、紹介」表紙へ戻る