大相撲初場所、結果

 

幕内優勝 コ勝龍 誠
殊勲賞 遠藤 聖大
コ勝龍 誠
敢闘賞 正代 直也
霧馬山 鐵雄
コ勝龍 誠
技能賞 北勝富士 大輝
十両優勝 照ノ富士 春雄

 

地位 西
白鵬 1勝3敗11休 横綱 鶴竜 1勝4敗10休
貴景勝 11勝4敗 大関 豪栄道 5勝10敗
朝乃山 10勝5敗 関脇 6勝9敗
阿炎 5勝10敗 小結 大栄翔 7勝8敗
遠藤 9勝6敗 前頭筆頭 妙義龍 5勝10敗
北勝富士 11勝4敗 前頭2枚目 御嶽海 7勝8敗
玉鷲 5勝10敗 前頭3枚目 琴勇輝 全休
隠岐の海 8勝7敗 前頭4枚目 正代 13勝2敗
明生 1勝7敗7休 前頭5枚目 炎鵬 8勝7敗
宝富士 7勝8敗 前頭6枚目 栃ノ心 5勝10敗
松鳳山 7勝8敗 前頭7枚目 阿武咲 9勝6敗
碧山 4勝11敗 前頭8枚目 竜電 10勝5敗
隆の勝 7勝8敗 前頭9枚目 豊山 11勝4敗
佐田の海 7勝8敗 前頭10枚目 石浦 6勝9敗
千代大龍 7勝8敗 前頭11枚目 10勝5敗
剣翔 6勝9敗 前頭12枚目 千代丸 6勝9敗
琴奨菊 7勝8敗 前頭13枚目 琴恵光 2勝13敗
照強 8勝7敗 前頭14枚目 志摩ノ海 6勝9敗
東龍 7勝8敗 前頭15枚目 8勝7敗
栃煌山 9勝6敗 前頭16枚目 魁聖 8勝7敗
霧馬山 11勝4敗 前頭17枚目 コ勝龍 14勝1敗

 

地位 西
友風 全休 十両筆頭 千代翔馬 7勝8敗
琴ノ若 8勝7敗 十両2枚目 英乃海 8勝7敗
大翔丸 7勝8敗 十両3枚目 木崎海 3勝12敗
錦木 11勝4敗 十両4枚目 水戸龍 6勝9敗
若隆景 9勝6敗 十両5枚目 大翔鵬 9勝6敗
大奄美 11勝4敗 十両6枚目 翔猿 9勝6敗
逸ノ城 6勝9敗 十両7枚目 矢後 4勝11敗
旭大星 7勝8敗 十両8枚目 琴勝峰 9勝6敗
旭秀鵬 10勝5敗 十両9枚目 天空海 9勝6敗
蒼国来 4勝11敗 十両10枚目 貴源治 7勝8敗
豊ノ島 4勝11敗 十両11枚目 1勝6敗8休
朝玉勢 7勝8敗 十両12枚目 美ノ海 8勝7敗
千代鳳 6勝9敗 十両13枚目 照ノ富士 13勝2敗
豊昇龍 8勝7敗 十両14枚目 6勝9敗

 


来場所、私製番付 (小結以上)

地位 西
白鵬 翔 横綱  
  横綱大関 鶴竜 力三郎
貴景勝 光信 大関  
朝乃山 英樹 関脇 正代 直也
北勝富士 大輝 小結 遠藤 聖大

これは私製番付であり、予想番付ではありません。

来場所は大関が一人となるため、西の横綱は「横綱大関」と番付表に表記されます。「三役」と呼ばれる大関・関脇・小結は、必ず東西に揃う必要があるため、大関が一人または不在の場合は、横綱が大関を兼任する形になります。尚、これは、「横綱大関」と書かれた力士の地位が半分下がるというものでなく、三役を東西に揃えるための番付表記上の処置であり、待遇は横綱のままであり、土俵入り等でも「横綱大関」でなく「横綱」とアナウンスされます。

大相撲春場所は、3月8日より大阪府立体育会館に於いて挙行される予定です。

番付発表は、2月24日(月曜日)です。


「相撲のページ」表紙へ戻る