ランディー・バース

Randy Wiliam Bass

 

本名 ランディー・ウィリアム・バス
生年月日 1954年(昭和29年)3月13日
血液型 AB型
出身地 アメリカ オクラホマ州
出身校 オクラホマ大学
在籍期間 1983年〜1988年
ポジション 一塁手 (外野も経験)
投打 右投左打
背番号 44
現役通算成績 打率:3割3分7厘  安打:773本  本塁打:202本
タイトル 1985年、1986年、首位打者
1985年、1986年、本塁打王
1985年、1986年、打点王

 

1985年の阪神優勝(日本一)の立役者です。ランナーが溜まって、バース選手に打順が回ってくると、本当に安心して見ることができました。 1985年、86年と2年連続で三冠王を取り、85年には史上2位の54本塁打、86年には史上最高の打率(3割8分9厘)をマークし、まさに史上最強の助っ人でした。1987年3月の岡山でのオープン戦で、ぼくの目の前で場外ホームランを打った時は、とても感動しました。しかし、その年は無冠に終わり、その翌年、シーズン途中に家庭の事情で退団してしまったのは、残念としか言いようがありません。優勝した年に見せてくれた、バース選手、掛布選手、岡田選手による三者連続・バックスクリーンへのホームランは、今でも脳裏に焼き付いています。誰か、早く、それを再現する選手に出現してもらいたいです。

「阪神タイガースのページ」表紙へ戻る